ゲダイズプロジェクト発進

台風一過。 幸い直撃を免れたため石垣島では被害は少なかったようですが、海には大量の赤土が流れ込んでいます。 台風に限らず、大雨の度に繰り返されるこの光景にいつも悲しい気持ちを抱えていました。

グリーンベルトとして畑の周囲に月桃やベチベルを植えたり、裸地を覆うために緑肥となるひまわりを植えたりと様々な対策がとられていますが、根本的な解決には至らない現状の中、石垣市の赤土流出防止協議会の方々と農家の下地さん @douraku_ishigakijima と一緒にタッグを組んだプロジェクトが発進しました。

ゲダイズは琉球王朝時代に多く栽培されていた在来種の大豆。 沖縄の気候にあっているため、栽培が容易で肥料や農薬などは必要ありません。生育が旺盛なので裸地を覆ってくれることで、土の流出を防ぐ効果が期待されています。

さらにマメ科の植物は茎や葉などは良質な緑肥として、収穫後は土に漉き込んで土壌改良にも役立ちます。

さらにさらに豆としての商品価値が高まれば、植える農家さんの収入にもなると、一石三鳥の効果を狙ったプロジェクトなのです。

当店が担うのは最後の出来た豆を美味しい商品にして皆さまへ届けるところ。 昨年試験的に栽培されたものをいただきましたが、とても味わい深い個性的なおいしさなのです。

これを商品に出来ればたくさんの方に喜んでもらえる上、農家の収入にもなり、石垣島の海も守れるとあっては、俄然やる気が湧いてきてワクワクしています。

そうなるまでには乗り越えなければならない課題が山積していますが、皆さんの力を借りながら良いものを作り上げたいと意気込んでいます。

2、3枚目の写真は下地さんの畑。 農薬不使用で有機肥料さえも使わずに土を育てる農業をされています。 パインの畝の間にゲダイズを植えて土の流出防止と、豆の栽培を行なっているところ。 今後の成長が楽しみです。








閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示